株式会社日本ヒュウマップ

事業内容

商品紹介

冠麗茶(かんれいちゃ)

パチンコホールでは、「濃い味の緑茶が良く飲まれている」というデータを基に、“パチンコ遊技中に飲んで美味しい、濃い味緑茶!”を作りました。
他社データと比較して、濃く、旨い緑茶を作るために、国産高級茶葉「冠茶(かぶせちゃ)」を使用し、半年間の試行錯誤の末、スッキリとした口当たりと旨みの濃い、後味を実現しました。 また、冠麗茶のポテンシャルを最大限発揮させることができる水を吟味し、日本中から厳選した水源より、採水した水を磨きぬいて使用しています。
2018年にリニューアルしたラベルパッケージには、DYJHグループの全従業員から公募を行い、従業員が描いた文字やアイデアを基にデザインを作り上げています。

天麗水(てんれいすい)

伊豆高原の大自然に育まれた天然水です。 2016年度の水質調査にて、硬度22であることが確認されました。
一般的には、硬度50未満の水を“超軟水”と呼び、口に含んだときに、優しい甘みを感じられることも特長の一つに挙げられます。
日本の大自然に育まれているため日本料理全般との相性が良く、コーヒー・お茶・水割り等にも適しています。また、専門家から「デリケートな赤ちゃんのミルク用にも推奨」されるくらい、優しい水として評価されています。

馨 凍頂烏龍茶(かおる とうちょううーろんちゃ)

馨 凍頂烏龍茶は、2つの大きな特長を持っています。
1つ目は、天然のビタミンCを豊富に含む、無添加なペットボトル飲料であることです。
コンビニやスーパーで流通している茶系ペットボトル飲料の多くは、色や味の変化を抑えるため酸化防止剤(ビタミンC)が添加されていますが、馨 凍頂 烏龍茶は、1990年代に開発された茶葉「四季春種」100%で作っているからこそ、天然のビタミンCを豊富に含み、一切の添加物を必要としておりません。
2つ目は、豊かな馨りを持っていることです。
専門家からも「クチナシに似た甘みとグリーンノートを含んだフレッシュで上品な馨り」と評され、その馨りには、リラックス効果が期待できると言われております。

有機 黒烏龍茶(ゆうき くろうーろんちゃ)

有機黒烏龍茶は、「有機JAS認定」のペットボトル飲料です。「健康的なライフスタイルの中にあるパチンコ」をお客様に提案しているDYJHグループとして、新しい提案となる商品は何かを考え、「DYJHの有機飲料シリーズ」の第一弾として、有機黒烏龍茶を企画しました。「有機JAS認定」を受けるためには、有機の茶葉を使用するだけでなく、ペットボトルの製造工場も毎年の厳しい認定検査にパスした「有機認定工場」で作らなければなりません。
このように、有機の飲料を作ること自体、とても難しいことですが、「有機 黒烏龍茶」で一番自信を持っているポイントは、「味」です。
緑茶・凍頂烏龍茶と企画・制作してきた経験から「DYJHグループにご来店頂くお客様の嗜好から考えた商品開発」を行っており、試作品を作る度、実際にパチンコをしながら飲んで茶葉の種類、淹れる温度や濃さなどの条件を細かく調整して作り上げて行きました。最終的には、テイスティングを通じて「美味しい!」というお声を沢山頂いたものを商品化に繋げた自信作です。

GEO GEO CAFÉ(ジェオ ジェオ カフェ)

中国雲南省産のコーヒー豆は、ブルーマウンテンの産地であるジャマイカと同程度の高度(800~1,200m)で栽培しており、苦味・酸味・コクのバランスが取れている品質の高いコーヒーとして、世界中から評価されています。
日本国内では、ダイナムでの販売のみに限定しておりますが、世界ではその品質の高さから、中国最大手の航空会社のファーストクラスで提供されるコーヒーとして採用された実績もあり、様々な企業様から高い評価を頂いております。